このホームページを読んでいただきたい方は…


薬物療法や精神科診断やテストをしない解決をお望みの方、あるいはすでに薬物療法をされている方で、それ以外の方法を求めている方に向きます。

 

 

『こころの病』や『問題の人』と決め込んでしまう前に、まだできることがあります。精神科疾患とは本来、精神的な問題の事です。ですから体の病気と異なり  や 身体 に悪いところがあるのではなく、『精神的問題の解決方法を誤って、身体症状となって現れた』とする考え方があろます。



日本でもアメリカでも、主流は精神科疾患の原因は『精神的な病気である』という考え方です。しかし、アメリカでは他に、『精神的(思考的)あるいは特定の行動と反応の組み合わせパターンがあって、その行動・反応・思考パターンを繰り返す』ことが原因で精神疾患という『身体症状』を出したと原因究明の方法があります。もし、問題行動や問題を起こすような思考パターンが原因で精神疾患を引き起こしたらのなら、薬物では治療できません。薬物はそういった行動パターンや思考パターンの治療薬ではないからです。身体症状を軽くするだけなら薬物療法もよいですが、思考や行動パターンからの脱出や解決を望むなら、薬物療法は解決方法にはなりません。解決方法そのものを知る必要があります。そういう方法を学びたい方に、是非読んでいただきたいHPです。


このHPでご紹介するのは、アメリカ夫婦・家族療法学会(AAMFT)の正規プログラムの基づく内容です。AAMFTはアメリカにおいて精神科医・心理学者とならんで、メンタルヘルスの一専門領域をしめる家族療法家の学会です。